3DCGbook

映像プロダクションに所属しています。主に毎日のアウトプットを配信していこうと思います。

range と xrange

Pythonのビルトイン関数。
rangeとxrangeの使い方メモ

//range
・リストを作るよ!
・当然、リソースの消費あり。

例えば、1000個何かを操作する場合は
range(1,1000)となり 1~1000が入った配列が作られてしまう。

//xrange
・範囲を取得するよ!
・リソースの消費なし

rangeのリストなんていらーん!って場合はxrangeを使う。
ポリゴンの頂点操作等、操作するものが多い場合は必ずこっち。
10万頂点とかのrangeなんて作ったらやばい。使わないし;

リストをそのまま使うことってあんまないとは思うので、
for文とか回す際にはxrangeを使った方がよさげ!ってことで!