3DCGbook

映像プロダクションに所属しています。主に毎日のアウトプットを配信していこうと思います。

奴隷となる消費者 Apple編

私が急いでiPhone5sを買って激しく後悔した理由

iPhone5S(au)入手しました!~ファースト・インプレッション編~

iPhone5sが発売されましたね。
そしてこのような記事をたくさん見て参考にしてはいますが…

ただ、どうも気になってしまうんです。
それは"Apple""iPhone""新製品"という言葉だけで商品を買うということです。

上記の二つのブログを見ても、
『それしかなかったからそれを買った』という言葉を見ます。

結果として、
Apple、SONY...。ブランドの「信者」の脳内で起こっていること
これが生まれます。

僕もiPhoneは好きですが、それはiPhone4Sまでです。
別にスティーブ・ジョブズ世代だからとかそういう理由ではなく、
私の場合では単純に、
・生産性:iPhone5では一番上の段に親指が届かない為、生産性が下がる
・高級感:塗装剥げ問題もあり、ケースをつけなければいけないは矛盾している
・維持費:LTEプランになり通信費が高くなった

この3つが主な理由です。

実はiPhone4Sを使う前がiPhone4でした。
それが壊れてしまいiPhone4Sを購入しました。
ちなみに購入したのはiPhone5が発売されて1か月くらいたってiPhone4Sを選びました。

スペックは上がってもそれが良いものとは限りません。
その為、発売後でもiPhone4Sを選択しました。

特にフォルムがiPhone5から大きく変わっているので人の手に合う合わないが必ずあります。
少なくとも見た感じ女性の手にはiPhone5よりもiPhone4の方が操作しやすいと思います。

あとはiPhone5は黄金比率を保てていないというのがあります。
私自身、デザイナーなので黄金比率厨になってしまったのもありますが…(^^;

最近、『ファイト・クラブ』という映画を見ました。
その一場面で、消費者は奴隷という表現がありました。
それはなくてもいい家具や家電をステータスや地位の為に買ってしまう。
なくても良いのにそれにすがってしまうということ。

なんか少しこの表現を聞いて、
自分にも当てはまるところはありますし、
発売されたiPhone5sの状況にもそれを感じましたね。

焦らず、吟味して、本当にそれが必要か、それで生産性は変わるか?
特に携帯電話は少しでも変わると生産性に響きます。
そういう点でもライフハックというのを考えていきたいところですね。