3DCGbook

映像プロダクションに所属しています。主に毎日のアウトプットを配信していこうと思います。

得るものがある環境

最近はひたすら転職して良かったなぁ。
という記事ばかりな気がする。

といっても本当に良かったからしょうがない。

今回は、『得るものがある環境』
それって本当にいいなーって思ったお話。


僕は正直、実務経験が少ない。
なんかラノベタイトル…っぽくなっちゃいましたが(^^;
いや、実務経験はそれなりにあるんですが僕にとっての実務経験はそうじゃなくて…

そもそも実務経験って実に信用し難い言葉だと思う。

デザイナーとしての経験5年!
とか肩書があったとして、その5年はどういう意味の5年なの?とたまに思う。

ミーティングとかやったり雑用が多くても一応は5年勤めあげたから5年。
毎日毎日徹夜で絵を描いた!それを5年。

どっちが技術的には高いか?
それは一概にどちらかがとは言えないのが答えとなりますが…
当然絵が上手いのは後者なのですが、続ける力があるのは前者かもしれません。
といってもその辺もわかんないですけどね(^^;

だから基本的には僕は何年やってきたという言葉は使いません。
人によってモノサシが違うので、げんなりされるのも怖かったりするので(笑)

と…話がそれましたが、
僕にとって実務経験なんてどうでもいいです。むしろ邪魔な経験値です。

大事なのは『職人としての技術力』です。
だって…僕らは技術職なんですから。

今は技術力の向上に全精力を注ぐことができています。
そして周りの技術力も高く、向上心もすごく高いです。
『得るものがある環境』があることに幸せを感じています。