3DCGbook

映像プロダクションに所属しています。主に毎日のアウトプットを配信していこうと思います。

【今日のPython for Maya】 Create Parent Joints

jointの上にOffset用のjointと何かに操作されるJoint...
DrivenJointと言えばいいんでしょうかね。
これらを指定数作ります。

Mayaはワールド座標から継承しまくって最終的な座標出されます。
全てワールド座標だと重たいですしね。

Offset用jointを作るのは、OffsetJointがないままJointを使うとTranslateに数値が入っているからです。
それを全て0にするためにOffsetJointが必要になります。

DrivenJointは、
・CtrlAが何かによって制御されている
・だからCtrlBでFK制御する

みたいにアニメーターが制御できる手法を残す為に使用します。

単純に人型に骨を組めばいいんだろうなーとか思ってた時代もあったのですけどね(^^;
学校ではまずその手法しか習うことがないので、
現場で経験したり、海外のチュートリアルを見たりするのはやっぱり重要ですね。