3DCGbook

映像プロダクションに所属しています。主に毎日のアウトプットを配信していこうと思います。

配布するスクリプトのロック、保証について

スクリプトを配布する場合を考えてみます。
スクリプトを配布というのはいろいろなパターンがあります。
・個人で配布する
・会社で配布する

などなど。
もちろん共有した方が効率的に作業が可能になるとは思いますが…。
独自に時間をかけて開発したものを渡すのはちょっとなぁ…ということもあるかと(笑)

なのでPythonスクリプトを渡す場合は3つだけ意識してみます。
・pycのコンパイルされたバイナリデータ
・期限付きにする(↑当然ですがpycじゃないと意味がないです。)
・免責事項は必ず伝える

この3つでデータを渡すことです。
免責事項に関しては重要です。
免責事項がない場合は"スクリプトにはサポートも含まれる"と思われてしまう可能性もあります。
スクリプトはバージョンや環境よっては動かなかったりするものもあります。

あくまで使える"可能性がある"程度に思ってもらうことが大事です。

// pyc
pycに関してはreloadとかすれば勝手にできます。たぶん。

// 期限付きにする

import datetime
import maya.cmds as cmds

today = datetime.date.today()
limit = datetime.date(2015,3,16)
if today <= limit:
    cmds.polySphere()
else:
    print "This script was expired."

こんな感じで大丈夫…なんですかね。
そこまで厳密にやったことないので、期限付き等に詳しい方は教えてくださいm(_ _)m

// 免責事項
保証はできませんよ~。自己責任で使用お願いしますね!
というのを丁寧に伝えましょう。

ではでは。