3DCGbook

映像プロダクションに所属しています。主に毎日のアウトプットを配信していこうと思います。

「四月は君の嘘」全部見ました!

時間ができたので録っておいたのをようやく全部見ました!
漫画も見ていたのですがやっぱり素敵な作品ですね。
やっぱ音楽がメインな作品だから、アニメの方が感動しますね(笑)

漫画を見た後だったので、
「あ。こんな曲だったんだ…このシーンに合ってるなぁ...」
という曲ばかりでした。サウンドトラックも買ってしまいました(笑)

一応私も映像業界なのでそういった目線で少し書いてみると…。
A-1 Picturesさんは本当に素晴らしいですね!
個人的には一番好みで可愛い女の子を描いてくれます(笑)

というのもあるのですが…
一つ一つのものを研究しているのが伝わってきますね。
演奏シーンが特に素晴らしいですね。

実写の映像を撮影して頂いて、その映像を参考に作画とのこと。
かつ、ロトスコープではないってのも見る価値あるかと。

指の動きとかも繊細で…
「手だけ3Dとかでキャプチャとかしてんじゃないの?」って疑ってしまったくらいです。

作画の良さは緩急というのでしょうか?
繊細さが出ますよね。3Dは真面目な結果ばかりになってしまうので。

なんか自分もこういったスペシャリスト作品っていうんでしょうかね。
何かをコンセプトにしたしっかりとした作品ってのに携わってみたいものです。

それでは。